無料相談予約窓口 0120-489-022

技能

1.在留資格「技能」の概要

「技能」の在留資格は、日本経済の国際化の進展に対応し、熟練技能労働者を外国から受け入れるために設けられたものであり、産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動が該当します。具体的に言えば、外国料理の調理、外国で考案された工法による住宅の建築、宝石・貴金属・毛皮の加工、動物の調教、外国に特有のガラス製品、絨毯等の製作又は修理、定期便の航空機の操縦、スポーツの指導、ワインの鑑定等の熟練した技能を要する業務に従事する外国人がこの在留資格に該当します。
「技能」は、在留資格該当性に加え、上陸許可基準適合性も求められる在留資格です。

2.在留資格該当性の定め

「技能」の在留資格該当性については、「本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動」と規定されています。

3.上陸許可基準の定め

在留資格に関する基準省令によれば、「技能」の上陸許可基準は、申請人が以下のいずれかに該当し、かつ、日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けることとされています。
日本の専修学校の専門課程を修了し、「専門士」の称号を有している者であっても、「技能」の上陸許可基準で求められる実務要件が緩和されることはありませんのでご注意下さい。

上陸許可基準

就労系資格
身分系資格
Copyright(C) 2018 High Field行政書士事務所 All rights reserved.
LINEでこのページを教える