kao

「技能」は、熟練した技能労働者を外国から受け入れるための在留資格です。
具体的には外国料理の調理や、外国で考案された工法に基づく住宅の建築、宝石や貴金属、毛皮の加工や動物の調教、航空機の操縦等、熟練した技能を要する業務に従事する外国人が、この資格で在留することになります。
日本の公私の機関との契約に基づいて行います。

在留期間は「5年」「3年」「1年」「3月」です。

①調理師
②建築技術者
③外国製品の製造・修理
④動物の調教
⑤宝石・貴金属・毛皮加工
⑥石油・地熱等掘削調査
⑦航空機操縦士
⑧スポーツ指導者
⑨ワイン鑑定等


なお、「熟練した技能」とは、自己の経験の積み重ねによって有する事となった熟練の域にある技能を必要とすることを意味しますので、特別な技能や判断を必要としない単純労働とは区別されます。

また、「技術」の在留資格との区別ですが、「技術」は一定事項について学術上の素養等の条件を含めて理論を実際に応用して処理する能力を言い、「技能」は一定事項について主に個人が自己の経験の集積によって有している能力を言います。

kao

技能の場合、業種ごとに一定の許可基準があります。

調理師の場合
料理の調理又は食品の製造に係る技能で外国において考案されたもので、10年以上の実務経験があること(タイ料理に関しては別の定めがあります)。
建築技術者の場合
外国に特有の建築又は土木に係る技能について10年以上の実務経験を有すること
外国製品の製造・修理の場合
外国に特有の製品の製造又は修理にかかる技能について10年以上の実務経験を有すること
動物の調教の場合
動物の調教に係る技能について10年以上の実務経験を有すること
宝石・貴金属・毛皮加工の場合
宝石・貴金属又は毛皮の加工に係る技能について10年以上の実務経験を有すること
石油・地熱等掘削調査の場合
石油探査のための海底掘削、地熱開発の為の掘削又は海底鉱物探査の為の海底地質調査に係る技能について10年以上の実務経験を有すること
航空機操縦士の場合
航空機の操縦に係る技能について1,000時間以上の飛行経歴を有する者で、航空法に規定する航空輸送事業の用に供する航空機に乗り込んで操縦者としての業務に従事すること
スポーツ指導者の場合
スポーツの指導に係る技能について3年以上の実務経験を有すること、又はスポーツの選手としてオリンピック大会、世界選手権大会その国際的な協議会に出場したことがあること
ワイン鑑定市の場合
ぶどう酒の品質の鑑定、評価及び保持ならびにぶどう酒の提供に係る技能について5年以上の実務経験を有する、以下のいずれかに該当する者
①ワイン鑑定等に係る技能に関する国際的な規模で開催される競技会において優秀な成績を収めたことがある
②国際ソムリエコンクール(出場者が1国につき1名に制限されているもの)に出場したことがある
③ワイン鑑定等に係る技能に関して国、若しくは地方公共団体又はこれらに準ずる公私の機関が認定する資格で法務大臣が告示をもって定めるものを有している

①面談
当事務所にご来所頂くか、もしくは行政書士が出張面談させて頂きます(業務状況により出張できない場合がございます、ご了承下さい。)
お客様がビザ取得の要件をクリアできるかのおおよその予測、申請に必要な書類等を一緒に確認させて頂きます。
また、この時点で費用の見積書を発行致します。
②ご依頼
ご依頼頂ける場合は、速やかに業務に着手させて頂きます。
尚、手続きの内容によりましては、報酬のうちの一部を「着手金」として頂戴する場合がございます。
一度頂戴した着手金は、申請が不許可、又はお客様都合により手続中止となってもご返金はできません。
なにとぞご了承下さい。

③申請書の作成
「在留資格認定証明書交付申請書」等、手続にかかる申請書を当事務所で作成致します。
また、お客様におかれましては、申請書に添付する書類をご準備頂きます。
原則、入国管理局との調整も当事務所で行います。
④許可・不許可
ビザの種類にもよりますが、新規であれば1~3か月程度、更新なら2週間~1か月の期間、審査がなされます。
その後、行政書士宛てに許可・不許可の通知がありますので、許可なされた場合に成功報酬を頂戴致します。
着手金を頂いたものに関しては、報酬から着手金を除いた額を頂戴致します。

⑤認定証明書等の取得後
新規の場合は、認定証明書をお客様からご本人へご郵送頂き、ビザの発給を受けます。
更新・変更の場合は、当事務所にて新しい在留カードを入国管理局から受け取ります。

申請の種類報酬(税込)実費(証紙代等)
在留資格認定証明書交付申請86,400円~
在留資格変更許可申請86,400円~4,000円
在留資格更新許可申請37,800円~4,000円